2011年03月31日

【コラム】手洗い・うがい・鼻洗浄! ウィルス対策に「ビセン」がオススメ。




【5月16日、さくらフィナンシャルニュース=東京】 世界的に脅威が広がる新型インフルエンザ。先週末には日本国内で初の感染者が確認されて、連日の報道や発表が気になるところですが、すでにウイルス対策マスクは店頭で品切れ状態。政府は、手洗い・うがいによる予防を呼びかけていますが、私はこれに加えて、近ごろ実践している新習慣、「ビセン(鼻洗)」=鼻の中を洗うこと、をオススメしたいと思います!

メキシコなどでの新型インフルエンザ発生の第1報が伝わったころ、ドラッグストアの店頭でウイルス対策マスクを見て、「これ買っておく必要があるな」と思いつつ、のんきに後回しにしてしまいました。その数日後のGW直前、「横浜の高校生が国内で初の感染疑い」と報じられ、たちまちマスクは店頭から消えてしまいました。「なんであの時買わなかったのか・・・」と後悔しつつ、かといってマスクに過剰な期待もできないように思うので、手洗い、うがいとともに、意外と簡単にできる「鼻洗」について紹介します。

昔から雑誌やテレビで「鼻うがいは有効」とは聞いていました。それで、よく知らないまま、水をためて片方ずつ鼻から水を吸って…などとそれらしい事に挑戦はしてみたのですが、うまくいかない。思いきり吸ってしまうとツーンときて、気持ちよいどころか一体何の修行か!?と思うほど、ツライ。世の中にはこれをマスターして器具も使わず実践しておられる方もいるようですが、私が耳鼻科の先生に薦められた鼻洗用品は「日興エネマ」という医療用のもので2500円前後。

これを使うようになったきっかけは、風邪をこじらせてジャンジャン鼻水が止まらず、副鼻腔炎、いわゆる蓄膿を発症して、先生に「細菌やウイルスの病巣となる鼻を洗うのがイチバン!」と薦められたから。鼻や口は細菌やウイルスが増殖する格好の場所らしく、歯科医院の先生も耳鼻科の先生も、口をそろえて言っています。「鼻や口を洗うのが効果的!」と。歯科医院の先生によると、リステリンなどの口内洗浄薬は、虫歯予防になるだけでなく、口内炎や風邪の予防にも効果があるとみているそうです。鼻の洗い方は簡単。ぬるま湯で食塩水を作り、チューブのポンプ機能を使い、片方の鼻から食塩水を勢いよく流し込みながら「アー」とか「エー」とか声を出しながら反対側の鼻から水を出すのですが、これが実に気分爽快!

最初は鼻に水を!?と恐怖心がありましたが、指示通りやってみると食塩水なのでツーンとくることもないし、苦しくもない。鼻の奥にはびこっているバイ菌たちをジャージャー流してスッキリ!炎症をおこして鼻の粘膜が腫れていると、水が通りにくくて反対の鼻ではなくて口から出てきたりも。そんなちょっとした鼻の変化もわかってしまいます。そして鼻と口の構造をあらためて実感。昔、お笑い芸人のほっしゃんが、うどんを鼻から吸って口から出すの、よくやってましたよね!あれはやる勇気ないけど、こういうことなんだぁ、と妙に納得!

この鼻洗を手洗い・うがいと並行して実践した今年の冬は、風邪をひきにくく、鼻水が出始めてもひどくなる前に治ってしまいました。ネットで「鼻洗浄」と検索するといろいろな鼻洗いアイテムが出てきておもしろい。花粉症をターゲットとした商品が多いのですが、鼻についた異物を洗い流す原理は同じ。「ビセン」という響きも何だか美しく感じる今日このごろ。これをやっている姿は何ともマヌケであまり人には見られたくないものですが、日ごろの習慣としてぜひオススメしたいと思います!【了】

supported by FXブロードネット
キャッシュバックキャンペーン実施中


http://news.livedoor.com/article/detail/4156396/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







口臭対策
moaizounokokoroさん

口内炎について質問です
今、下唇に口内炎ができていてとても痛いです。しかも、犬歯がちょうどあたって余計痛いです
昨日はここまで痛みもなかったですし、大きくもなかったのに、今日の朝起きたらかなり大きくなってて、とても痛いです(真ん中に白い窪みみたいなのがあるので普通の口内炎だと思います)
チョコラBB錠剤と、ドリンク?の両方をとってますが、全く効果がないです
腹が減っているのに、食べるとものすごい痛いので食べたくなく、とても辛いです
何か良い薬や治療法があれば教えてください><
あと、俺は口内炎ができやすいのです(もう今年で三個できました)が、予防法なども教えて欲しいです。
ちなみにこれは聞いた話ですが、チョコラBBを常に(口内炎が無い時でも)飲み続けると予防になりますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


minatoyonさん


口内炎が出来ると2週間位は治りませんよね!
自分は口の中、頬・舌に同時に出来て物や水を飲み込む事がとても
苦痛になります。何回もなっているうちに、チョコラBBやうがい薬より
良い薬を発見しました。治りも早いです。試してみて下さい。
それは、蜂蜜を溶かしてうがいし、患部に蜂蜜を塗って就寝することです。
「蜂蜜の効能」で検索すると、口内炎にも効くと書いてあります。
蜂蜜は常温でも腐敗しない、それは蜂蜜に殺菌作用があるからとの事で
口の中を清潔に保ってくれるからだと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1358801278
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






安眠グッズ特集


口内炎改善
便秘解消
posted by はるとz6tb at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士経済、一般用医薬品24品目の国内市場調査、スイッチOTCの実績拡大で総合感冒薬は43.5億円




写真拡大 富士経済は、09年6月の改正薬事法施行から販売方法が大きく変わる一般用医薬品市場の調査を行っている。今回、感冒関連用薬、その他精神神経用薬、泌尿器官用薬、歯科口腔用薬およびその他医薬品あわせて24品目の市場動向を報告書「一般用医薬品データブック2009 No.2」にまとめた。
 その結果、2009年の見込みでは、スイッチOTCの実績拡大で、総合感冒薬(第1類)は43.5億円(前年比111.5%)達する見通しだ。また、スイッチOTCの新製品が続々登場する鼻炎治療剤(第1類)23.6億円(前年比127.6%)に。膣カンジダ治療薬(第1類)15.0億円(前年比200.0%)を見込むが女性の認知拡大が鍵とみられる。頻尿・尿もれ改善薬(第1類)4.5億円(前年比150.0%)に達し市場開拓新薬の上乗せ効果が期待できるという。
 この調査では、09年6月施行の改正薬事法規制のリスク分類第1、2類医薬品市場への影響を分析した。改正薬事法で一般用医薬品を第1類、第2類、第3類とリスク分類し、第1類の取り扱いは薬剤師に限定し、第2類は薬剤師と登録販売者による取り扱いを可能とした。通信販売は当初、第3類のみ可能としていたが、09年5月には離島居住者や同一医薬品の継続使用者に限定して第3類以外の通信販売を2年間の期限を設ける省令改正案が提出されている。
 感冒関連用薬では、08年、この市場は風邪とインフルエンザの流行が大きく影響してスイッチOTCの伸びや主力ブランドの実績増加によって拡大し、総合感冒薬が600億円台に達した。感冒関連用薬の中で40%強の構成比を占める主力薬効で全体への影響が大きい。市場規模の大きな総合感冒薬、解熱鎮痛剤の主要商品の殆どが第2類であるため、改正法施行で店頭棚割りの変化は少ない見込みである。総合感冒薬は08年に発売されたスイッチOTCによって大幅に実績が拡大したが、第1類取扱店が減少する可能性もあり第1類の総合感冒薬実績が減少する可能性もある。規模2番目の解熱鎮痛剤市場は微増、3番目の鼻炎治療剤市場は花粉飛散量の増加や長期化とスイッチOTCの登場によって大幅な伸びが続いており、鼻炎治療剤の好調も感冒関連用薬市場全体の増加要因となっている。含嗽剤は感冒関連用薬市場の構成比5%に過ぎないが、インフルエンザの対策意識が急速に高まる中で09年は規模が拡大する見込みだ。
 その他精神神経用薬では、全商品が第3類に該当する眠気倦怠防止剤は、運転者のニーズが大きく、法改正によって登録販売者を置く店舗で販売が可能なため、薬局・薬店以外の高速道路のサービスエリアなどへも市場が拡大する可能性もある。また鎮暈(ちんうん:吐き気防止)剤も、乗り物酔いのニーズから、同様のチャネル展開が行われれば、ニーズにマッチしたチャネル展開による需要喚起が期待出来る。
 泌尿器官用薬の市場は痔疾用薬の構成比が圧倒的に高かったが、04年に大幅に市場規模を拡大した頻尿・尿もれ改善薬がこの市場の構成比を変えた。08年にはスイッチOTCの興和新薬「レディガードコーワ」によって頻尿・尿もれ改善薬の構成比は更に高まった。頻尿・尿もれ改善薬や膣カンジダ治療薬の第1類市場は、スイッチOTC解禁から日が浅く、需要の開拓途上にあるためにまだ規模拡大が見込まれる。しかし第1類取扱店の減少次第では、09年見込み値まで拡大が難しくなる可能性もある。09年には、新スイッチOTC膣カンジダ治療薬が伸びており、この市場構成比は更に変化する見込である。
 歯科口腔用薬では、中高年人口の増加やオーラルケアへの関心の高まりから歯槽膿漏治療剤の構成比が半数を占めるまでになり、同市場の増加を牽引して来た。08年の歯槽膿漏治療剤市場は減少したが、09年にはオーラルケア意識の高まりと上位2社の販売注力から市場は回復して増加を続ける見込である。口内炎治療剤はスイッチOTCの実績増加や第一三共ヘルスケア「トラフル錠」のヒットによって市場規模が前年比114.3%と大幅に拡大しており、歯科口腔用薬市場の増加に貢献する見込みだ。
 総合感冒薬は、全体規模で2009年607.0億円(前年並)を見込んでいる。第1類は2007年 が3億円で2009年が43.5億円(前年比111.5%)を見込む。第2類は2007年が586億円で2009年が563.5億円(前年並)を見込む。
 総合感冒薬は、かぜの諸症状の緩和に使用されるため、解熱/鎮咳/去痰/鼻炎などの成分が総合的に配合されている。かぜの初期あるいは複合症状に総合感冒薬が使用されファミリーユースとしての需要が大きいが、さらに特定の症状を重点的に抑える商品やパーソナルユースを目指した商品が好調など、生活スタイルの変化に合わせて総合感冒薬のラインナップは多様化している。今後もさらに多様化が進んで競合が激化していく可能性が高い。
 07年12月から08年1月にはエスエス製薬、大正製薬が医療用成分アンブロキソール塩酸塩を配合したスイッチOTCを発売し大型ブランドへの育成に取り組み実績を高めたことや、競合激化による主力企業の製品切り替えや積極的な販促活動による実績拡大もあり市場が拡大した。
 09年1月には風邪とインフルエンザの流行によって需要が拡大したが、花粉飛散開始が2月に早まった影響で店頭では鼻炎治療剤主体の展開に変わり、09年前半の伸びは前年よりもやや鈍化する可能性が高い。アンブロキソール塩酸塩が第1類になり、エスエス製薬、大正製薬が販売を伸ばして09年も構成比が高まる見込みである。
 上位企業もファミリーユース商品だけでなく、目的や効き目の強さでバリエーションを拡充し、これまでの高いブランド力を生かし、07年12月〜08年1月に発売されたスイッチOTCの実績を拡大した。しかし、スイッチOTCは、リスク分類が導入される09年6月以降には第1類取扱店が減少する可能性も見込まれ、その場合は伸び率が予測値より鈍化する可能性もある。また、08年以降はパンデミック対策、予防への取り組みが一般化し始めており、関連商品の市場性が高まる可能性はあるが、総合感冒薬はパンデミック発生などで医療機関受診者が急増して需要が減退する可能性がある。
 鼻炎治療剤の全体規模は2009年が193.5億円(前年比113.2%)に達する見通しだ。第1類は2007年が15.8億円で2009年が23.6億円(前年比127.6%)を見込む。第2類は2007年が143.2億円で2009年が169.9億円(前年比111.4%)を見込む。
 07年は飛散開始時期が早まり飛散期間が長かったことや好調なスイッチOTCの新商品も加わり、市場は16%増と大幅に増加した。08年、飛散開始時期は遅れたが大量に飛散し、さらにノバルティスファーマの新規参入など新商品投入や主要企業の参入により高い伸び率を維持した。09年には花粉飛散が2月初めから始まって店頭での大量陳列も早い時期から開始されて2桁以上の伸びを示している。これまでのようにシェア上位ブランドが軒並み成長するというより、スイッチOTCをはじめとした新商品の増加により競合が激化し、またPBが価格訴求で販売実績を伸ばす傾向も見られ、ブランド間格差が拡大して行くと見られる。
 第1類成分、フマル酸ケトチフェン、塩酸アゼラスチン、エメダスチンフマル酸塩は、07年までに大正製薬、エーザイ、ノバルティスファーマが新商品を発売して実績を拡大した。08年12月にはロート製薬がエメダスチンフマル酸塩を配合した「アルガード 抗アレルギーカプセル」を発売し、既存商品も増加していることから、第1類の構成比が高まっている。
 08年8月に医療用医薬品から転用が決まった7成分のうち、4成分がアレルギー用鼻炎薬成分であり、これら成分を配合したスイッチOTCの登場によって市場は拡大の可能性を秘めている。現状では承認申請は不明だがアレルギー患者は増加するとの見方が強く、大型商品への育成も期待できる。
 頻尿・尿もれ改善薬の2009年全体規模は26.0億円(前年比113.0%)に達する見通しだ。第1類は2008年が3億円で2009年が4.5億円(前年比150.0%)を見込む。第2類は2007年が18億円で2009年が21.5億円(前年比107.5%)を見込む。
 08年1月にフラボキサート塩酸塩が第1類医薬品として承認され、8月に興和新薬がこれを主成分としてスイッチOTC「レディガードコーワ」を発売してこの市場に新規参入した。過敏な症状の膀胱機能を正常に調整し女性の頻尿、残尿感に効果をもたらす商品である。08年は興和新薬「レディガードコーワ」、小林製薬「ユリナールJ」が好調だったことに加え、各社の新規需要開拓が進んで市場は増加に転じた。
 この市場は新規需要を開拓しても継続利用層を広げられず05年以降増減を繰り返えしてきた。改正薬事法施行によって買いやすい店頭、相談しやすい環境を創るなど改善に努めれば、泌尿器関連というデリケートな部分だけに相談を敬遠してきた層を取り込むことが可能となり、さらに潜在需要の開拓が進む可能性もある。この商品の多くは第2類であり、カウンセリング対応の規制はないが、きめ細かな対応が求められる。
 膣カンジダ治療薬は2009年の全体規模を15億円(前年比200%)と見込んでいる。第1類は2008年が7.5億円で2009年が15億円(前年比200%)を見込む。
 08年4月にロート製薬「メンソレータム フレディCC膣錠」発売を機に市場が形成され始め、08年10月に大正製薬が「メディトリート」を発売して参入企業が増え本格的な市場展開が始まった。09年3月にこの2社がクリームタイプを発売し、剤形の多様化など商品の拡充を行なった。膣カンジダ治療薬は再発治療という制限付きの医薬品であり、対象となる層への啓発を着実に行う必要性が高いため、一気に実績を拡大することは難しいが、09年には15億円に達する見込みである。女性特有症状への認知拡大と治療を行う層が増加するような市場に発展していくことが出来れば、さらに市場が拡大する可能性が高い。
[小売価格]10万5000円(税込)
●報告書の目次[PDF]
富士経済=http://www.group.fuji-keizai.co.jp/

■関連リンク
・生活習慣データを記録、グラフで管理できる健康生活支援サイト「マイライフ手帳」


http://news.livedoor.com/article/detail/4164736/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







口臭対策
snow_town_109さん

口内炎について
旦那さんがいつも口内炎ができています。
ビタミン不足かと思って、サプリをかかさず飲んでも
全く効果がないので、ビタミン不足ではない。

口内洗浄液で1日数回十分に毎日かかさず
洗浄しても全く効果がないので、雑菌ではない。

歯医者にも行って、歯があたるであろう場所を
少し削ってもらっても違う場所にできてしまいます。

一体何が原因でこんなに頻繁に口内炎ができるんでしょうか?

歯医者以外でどのような病院がオススメか教えてください。
補足関係ないと思って書かなかったのですが、最近鼻血もでるそうです。

寝ているときは口開いてるかわかないのですが、
いびきはしてません。
でも常にのどが乾くようで、よく水を飲んでいます。



ベストアンサーに選ばれた回答


tnishio0035さん


旦那さん、鼻が悪くないですか?
鼻炎があると、寝るとき口を開けて呼吸するため口の中が
乾きます。これを続けると、口の中の粘膜の抵抗力が弱り
口内炎になりやすいです。

もうひとつ食事のとき、早食いする人は唾液の分泌量が
少なくなり、口内炎になりやすくなります。ゆっくりよく噛んで
食べる習慣をつけると良いです。ガムを噛むの効果があります。

<補足>
鼻血が出るのは鼻炎の可能性大です。寝るときマスクをして
寝るのもひとつの手です。

しばらく旦那さんにガムを噛み続けてもらったらどうでしょう。
ガムは唾液の分泌促進とともに、口内の雑菌を少なくして
くれるので、口内炎が早く治ります。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1458320304
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【華流】疲労続きのシンディ・ワン、顔面神経の炎症で入院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110307-00000069-scn-ent


安眠グッズ特集


口内炎改善
便秘解消
posted by はるとz6tb at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

ヤクルト、ミドルエイジの応援ドリンク剤「タフマンCHANGE」など発売




 ヤクルト本社は、タフマン類(「タフマン」、「タフマンV」、「タフマンG1000」)のリニューアル品およびシリーズ品「タフマンCHANGE(チェンジ)」を6月1日から発売する。
 「タフマン」は、滋養強壮や栄養補給等を目的とした食系栄養ドリンクとして1980年から販売しているロングセラー商品。シリーズ品としては、「タフマンV」(2004年発売)、「タフマンG1000」(2006年発売)があり、いずれも“フィジカル面での栄養補給”を目的として、ミドルエイジ(40〜50代)の男性を中心に好評を得ているという。
 今回、同社では、“メンタル面の切り替え”を目的とした、新シリーズ品「タフマンCHANGE(チェンジ)」を新発売するとともに、既存商品「タフマン」「タフマンV」「タフマンG1000」の内容成分やパッケージデザインを変更することで、タフマンブランド全体を活性化し売上拡大を図る考え。
 新商品「タフマンCHANGE(チェンジ)」は、気分を切り替えたい時、集中力アップを図りたい時等の飲用に適した栄養ドリンクとなっている。古くから疲労回復や興奮作用を有する生薬として知られ、消費者から効果の期待度が高いガラナを1本当たり100mg配合しているとのこと。シャキッとした覚醒感が感じられる風味に仕上げている。キャッチコピー「シャキッとおいしい!」を表示することで、飲用目的・飲用シーンが想起しやすいデザインとしている。また、黒を基調とし、同品の主要な2つの内容成分(ガラナ100mg、ビタミンB群)を訴求することで、タフマンブランドとしての統一感を持たせながら、他のシリーズ品(3品)と区別しやすいデザインとしている。
 リニューアル品「タフマン」は、現行「タフマン」の基本特性をそのまま備えているとのこと。おいしさと生薬系の薬効感を兼ね備えた栄養ドリンクとなっている。3種の人参エキス(高麗人参エキス、田七人参エキス、シベリア人参(エゾウコギ)を配合。風味については、現行品のおいしさはそのままに酸味と甘味を調整することで、ミドルエイジの男性が、より飲みやすいすっきりした飲み口に変更している。キャッチコピー「続け!元気な毎日」を新たに表示することで、飲用目的・飲用シーンが想起しやすいデザインに変更したとのこと。
 リニューアル品「タフマンV」は、現行「タフマンV」の基本特性をそのまま備えているという。おいしさとビタミン系の薬効感を兼ね備えた「タフマン」とは違う風味の栄養ドリンクとなっている。消費者の認知度、効果の期待度が高い高麗人参エキス、ローヤルゼリー、ビタミンB群を配合しているとのこと。現行品の機能成分に加えて、近年注目を集めている葉酸を新配合している。葉酸は、消費者の認知度が高く、赤血球の形成を助け、貧血、口内炎予防、新陳代謝改善等が確認されている栄養素とのこと。風味については、現行品のおいしさはそのままに甘味を調整することで、ミドルエイジの男性が、より飲みやすいすっきりした飲み口に変更している。キャッチコピー「今日の味方!」を表示することで、飲用目的・飲用シーンが想起しやすいデザインに変更したとのこと。
 リニューアル品「タフマンG1000」は、商品コンセプト、風味ともに現行どおりとなっている。おいしさと生薬系の薬効感を兼ね備えた栄養ドリンクとのこと。高麗人参を1000mg 配合し、「タフマン」、「タフマンV」に比べ機能性(滋養強壮、疲労回復)を強化したグレードアップ品となっている。消費者の認知度が高い高麗人参をメイン訴求するとともに、消費者の認知度、効果の期待度が高いL−カルニチン、ローヤルゼリー、ビタミンB6を配合しているとのこと。キャッチコピー「気合いの1本!」を表示することで、飲用目的・飲用シーンが想起しやすいデザインに変更している。
 4品目共通として、現行品と同様に、ビタミンB6について「保健機能食品(栄養機能食品)」表示をしている。
[小売価格]
タフマン:143円
タフマンV:143円
タフマンCHANGE:143円
タフマンG1000:171円
(すべて税別)
[発売日]6月1日(月)
●新商品の特長など[PDF]
●新商品の概要
ヤクルト本社=http://www.yakult.co.jp/

■関連リンク
・生活習慣データを記録、グラフで管理できる健康生活支援サイト「マイライフ手帳」


http://news.livedoor.com/article/detail/4169304/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







口臭対策
mym_pupupu_918さん

口内炎がいたい。14歳女です。
口内炎ってなぜできるのでしょうか?
一応バランスのよい食事はとるよう心がけています。
あと早く直す方法があれば教えてください。




ベストアンサーに選ばれた回答


moriani503さん


口の中の粘膜に起こる炎症をまとめて「口内炎」といいます。口内炎には、いろいろな種類がありますが、アフタ性口内炎が一般的です。アフタ性口内炎は、表面が白っぽく窪みがあり、周りが赤い円形または楕円形の潰瘍で痛みを伴い一度に1個〜数個できます。その他にも口中で歯茎等が赤く腫れたり水膨れができる水泡や皮膚がただれてしまうびらんアフタ性口内炎のような潰瘍、炎症部分を白色や黄白色の膜が覆う偽膜などができたりするのも口内炎といいます。
口内炎は口中の粘膜であれば頬の内側や唇の内側、歯茎、舌等どこにでもできます。年齢に関係なく幅広く発症し原因は、口の中を誤って噛んでしまったり体力の低下やビタミンなどの栄養不足、口腔内が不潔であるなどが考えられます。ウィルスやカビやアレルギーなどが原因の口内炎もあります。口内炎は、痛みを伴い飲食や会話等、日常生活に支障をきたします。食事や飲物を摂取時に、しみたり場所によっては会話等で口を動かす度に痛みを感じ出血することもあります。ほとんどの口内炎は、1〜2週間ほどで治りますが辛い症状なので、発症しないように、予防が大切です。口内炎を予防するために、口の中を清潔に保ち、口の中を硬い歯ブラシなどで傷つけないように気をつけます。規則正しい生活をして、ストレスをためないように心がけます。栄養バランスのとれた食事も大切で、特に、ビタミンB群やビタミンCを多く摂るようにします。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1358181848
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






安眠グッズ特集


口内炎改善
便秘解消
posted by はるとz6tb at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。