2012年02月03日

(33)




 当サイトでは時に「バカ夫」を紹介するが、今度は逆に「大ボケ母」を紹介しよう。時代は1980年代。2才の子どもの口内炎治療のために、口の中にたばこの煙を吹き込むというトンデモ母がいた。今では考えられないような例だが、夫も呆れ返りながら妻のドが過ぎる天然ぶりを明かしていた。(女性セブン1988年12月1日号より)* * *「バカな女は多いけど、うちのはまた飛びきりのバカで……」 トラック運転手のKさん(29)は、口は悪いが気はやさしいほうだが、そのKさんもあきれか記事全文







安眠グッズ特集


hayaku20naritaiさん

口内炎に【うがい薬イソジン】効きますか?

口内炎が痛いのでイソジンで口を
ゆすげば良いと言われました。




ベストアンサーに選ばれた回答


methycobalmiya_2さん


口内炎になる原因。
ストレスは誰でも感じるものですから、口内炎になってしまうのは仕方のないことです。
そこで、その痛みを抑えるために、薬を塗って対処するわけですが、その薬が効かないと言う感想の人がほとんどです。
薬を塗っているのになかなか治らない・・・一体どうしてでしょう?
口の中に傷ができると、体の内側から、白血球などの免疫が傷口の細菌をやっつけてくれるのです。
その際に傷口の周りの組織が破壊されてしまう事で、皮膚が腫れて炎症ができ、痛みを引き起こしてしまう。

*ためしてガッテンでは、口内炎を効果的に早く治療できる方法
@うがい液で口をゆすぐ
A水で口をゆすぐ
B口内炎用の薬を付ける
この3つを行うことがガッテン流、口内炎最短治療法だそうです。

*ビタミンB2は、粘膜を保護したり、細胞の成長促進、脂質・糖質代謝などに働き、口内炎だけでなく、肌や髪の毛、爪などにも大切なビタミンです。ビタミンB6は、タンパク質の代謝を促進し、正常な免疫機能を保つ働きをしています。
また、ビタミンB2が不足すると、ビタミンB6の不足にもつながります。
ビタミンB2は、納豆やウナギなどに、ビタミンB6は、イワシやカツオ、サンマなどの魚類に多く含まれています。

ビタミンCと聞くと、シミやソバカス、シワなどに効果があるというのが、いちばんに思いつきますが、口内炎にも大切な働きをしています。ビタミンCには、シミやシワに作用するのはもちろん、細菌やウィルスへの抵抗力を高めたり、ストレスをやわらげる働きがあります。
ビタミンCは、イチゴやキウィーフルーツ、ブロッコリーなどに多く含まれていますが、熱や水に弱く、調理の過程で失ってしまいますので、注意が必要です。

内服薬では チョコラBBプラス・チョコラBBピュアー等です。
http://www.chocola.com/product/lineup/bb.html
水溶性ビタミンですから 服用により排尿に過剰摂取分は 排泄されて体内には残りません。
その他 蜂蜜を塗ると良いとも言われています。

以下参考まで・・・
http://www.syanhaiichiba.com/
http://www.j-dol.com/cons/cons/articles/canker2.html
お大事に・・・
薬剤師(老)

.




電磁波防止シールド:東小教室への貼付、許可から一転保留−−太宰府市教委 /福岡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120128-00000124-mailo-l40





口内炎改善
便秘解消
posted by はるとz6tb at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。