2012年02月06日

歯周病には、コラーゲン線維を再生するビタミンCを





 歯周病で歯を失う人が年々増えているそうです。歯周病とは、一口に言えば歯を支えている歯茎(歯周)の組織が細菌によって壊されて歯がぐらつきだし、最後は歯が抜けてしまう病気のこと。

 厚労省の調べでは歯周病にかかっている日本人は30歳以上で、何と80%! しかも、近年は高齢者のみならず、30代40代にまで蔓延しつつあるとか。

 働き盛りの人でも「まだ、そんな年じゃないから」と高をくくっているわけにはいかなくなってきています。

 なにしろ、歯周病の恐さは歯が抜けてものが噛みにくくなったりするだけではありません。歯茎の壊れた組織から体内に入った細菌が心臓病などの血管障害や糖尿病などのリスクを高めるばかりか、咀嚼力が落ちることで認知症の一因となることも指摘されているのです。

続きはこちら


■関連記事
・ストレスはないのに原因不明の胃痛に治らない不快な症状を生んだ思わぬ原因
・口腔年齢【ビジネスパーソンのための健康ラボ】
・風邪予防にビタミンCは効果なし!?あなたの予防対策は正しいか
・静かで小さな電動歯ブラシが大人気!オフィスでの「昼みがき」が当たり前になる日
・口内炎が繰り返しできたら要注意!「舌がんリスク」はこんなに高まっていた






安眠グッズ特集


asaasdfjpさん

口内炎を早く直すにはどうすればいいですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


voaa_projectさん


口内炎・いわゆるアフタの病態・原因はいまだにはっきりとはわかっておりません。特定の疾患ベーチェット病などの一症状である場合からアレルギー・免疫・ストレス・単なる食生活の偏り・ビタミン不足や傷・火傷の類まで原因として考えられます。

通常は1週間程度で自然に治りますが、それ以上長引くようであれば医師に相談して下さい。

治療法には、アフタゾロンやケナログと呼ばれる付け薬が一般的です。市販もされておりますが、医師から処方を受けた方が健康保険が使えるだけ実は安上がりです。
またアフタッチと言う貼り薬(口の中に貼る絆創膏)もあります。
さらに歯医者さんではレーザー光線で口内炎の表面処理をする事により比較的即効性に良くなる場合もあります。
古典的な方法としては、硝酸銀と言う薬剤で焼いてしまう方法もあります。

やはり最も早く直すためには、歯科医院を受診してください。




電磁波防止シールド:東小教室への貼付、許可から一転保留−−太宰府市教委 /福岡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120128-00000124-mailo-l40





口内炎改善
便秘解消
posted by はるとz6tb at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。