2012年03月05日

[無痛内視鏡]2年に1回の検査で初期ガンを取り切る





 胃腸の内視鏡検査は、便潜血などがあって初めて受ける人が大半だ。しかし、「(1)40歳以上、(2)二親等以内に胃・大腸ガンの親戚がいる、(3)ピロリ菌がいる、または除菌した──1つでも当てはまる人は症状がなくても受けたほうがいい」と、赤坂胃腸クリニックの村田博司院長は指摘する。

 ピロリ菌を除菌した人が含まれるのはなぜか。胃潰瘍や十二指腸潰瘍で苦しんでいた人の98%は除菌で再発しなくなるが、それでガンができなくなるわけではないからだ。また、ピロリ菌との関連が深いと見られ、胃の粘膜が薄くなる萎縮性胃炎は発ガンの可能性が高く、注意が必要だ。

 便潜血やポリープの既往症などがあって内視鏡検査を受けた集団のうち、3割に良性のポリープが、200人に1人の割合でガンが見つかる。「すでに発症している人以外は、2年に1回内視鏡検査を受けておけば、たとえガンが見つかったとしても、内視鏡手術で取り切れる範囲、つまり死ぬことはない」と村田氏は言う。

続きはこちら


■関連記事
・“医療の暗黒時代”を知ると、今の世に感謝と幸福を感じる
・働き盛りを襲う貧血 その裏には『がん』があることも…
・知っておきたい「がん」と最新医薬品の話(第1回)
・口内炎が繰り返しできたら要注意!「舌がんリスク」はこんなに高まっていた
・腹痛を感じても「胃が痛い」と限定せずに「ここが痛い」と部位を示しましょう
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ







口臭対策


mairikumomoさん

口内炎や口内ヘルペスは何科を受診すれば良いですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


itumo2525hohoemuさん


内科を受診して下さい。

口内炎には何種類かありますが、
代表的な口内炎の原因は、
ほとんどが細菌やウイルスの感染です。
風邪をひいていたり、貧血やビタミンB群の不足、
疲労なども原因の1つです。

口内ヘルペスも、単純ヘルペスウイルスに感染して起こります。

口内炎ですと7日〜10日ほどで治りますが、
何度も繰り返しできる場合、
稀な病気ですが、
膠原病の一種であるベーチェット病が隠れている場合もあります。

口内ヘルペスは、子どもがなった場合は比較的治りやすいのですが、
大人になってからかかってしまうと、重症化することがあります。

異常のことから、
内科へいかれるのが最善だと思います。




難病カルテ:患者たちのいま/33 ベーチェット病 /佐賀
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120226-00000174-mailo-l41





口内炎改善
便秘解消
posted by はるとz6tb at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。