2012年03月13日

双子の“生態”がわかるコミックエッセイ




 僕の小学生時代の同級生に双子の姉妹がいたのだが、アニメや漫画に描かれている双子そのままに顔は同じ(少なくとも見分けはつかない)、体格や体型も同じ、服装や持ち物も同じ、嫌いな食べ物も同じ、箸の持ち方も同じ(二人とも変わった持ち方をしていた)、口癖も同じ、成績も同じ、運動能力も同格と、本当に双子らしい双子だった。

 また、数年前に知り合った別の双子姉妹は、顔こそさほど似ていないものの、冬になると二人とも右目のまぶたの皮膚が荒れ、同じタイミングで同じ場所に口内炎ができることもあるらしい。

 そんなわけで、以前から双子に対して神々しさや畏れを感じているのだが、ギリシャ神話をはじめ、数々の神話・伝承に双子が登場してきたこともあって、僕が持っているような印象を持つ人は案外多いのではないだろうか。

 主婦と生活社から出版されているコミックエッセイ『うりふたご。』(かおり&ゆかり/著)にも数多くの双子エピソードが漫画で紹介されているが、こちらは神話の双子に見るようなある種の不気味さはなく、微笑ましい気持ちで読むことができる。

 双子ならではの行動の類似はもちろん、双子でなければ起こらない問題など、双子の“生態”が細やかな目で紹介されている。

 本書を読んで身の回りの双子を観察してみるのも面白いかもしれない。
(新刊JPニュース/山田洋介)


【関連記事】  元記事はこちら
・今すぐ出来るお勧め“休活”本
・アラサー・彼氏なし・金なし女性の休日に24時間密着!
・“走る小説家”村上春樹が自分自身を語ったエッセーが文庫化

【新刊JP注目コンテンツ】
・実はあなたってこんなに「イタかった」!?
・200%ビジネス書を活用する技、教えますすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ







口臭対策


love_jejung_love_youさん

口内炎について
口内炎はなんで出来ますか?

口内炎は何がどうなっている状態ですか?

口内炎はどうすれば治りますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


moriani503さん


口の中の粘膜に起こる炎症をまとめて「口内炎」といいます。口内炎には、いろいろな種類がありますが、アフタ性口内炎が一般的です。アフタ性口内炎は、表面が白っぽく窪みがあり、周りが赤い円形または楕円形の潰瘍で痛みを伴い一度に1個〜数個できます。その他にも口中で歯茎等が赤く腫れたり水膨れができる水泡や皮膚がただれてしまうびらんアフタ性口内炎のような潰瘍、炎症部分を白色や黄白色の膜が覆う偽膜などができたりするのも口内炎といいます。
口内炎は口中の粘膜であれば頬の内側や唇の内側、歯茎、舌等どこにでもできます。年齢に関係なく幅広く発症し原因は、口の中を誤って噛んでしまったり体力の低下やビタミンなどの栄養不足、口腔内が不潔であるなどが考えられます。ウィルスやカビやアレルギーなどが原因の口内炎もあります。口内炎は、痛みを伴い飲食や会話等、日常生活に支障をきたします。食事や飲物を摂取時に、しみたり場所によっては会話等で口を動かす度に痛みを感じ出血することもあります。ほとんどの口内炎は、1〜2週間ほどで治りますが辛い症状なので、発症しないように、予防が大切です。口内炎を予防するために、口の中を清潔に保ち、口の中を硬い歯ブラシなどで傷つけないように気をつけます。規則正しい生活をして、ストレスをためないように心がけます。栄養バランスのとれた食事も大切で、特に、ビタミンB群やビタミンCを多く摂るようにします。




キモかわ“
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120108-00000001-dal-ent





口内炎改善
便秘解消
posted by はるとz6tb at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。